平成31年 干支のやきもの

染錦猪図 陶額

古代中国で始まり、十二支それぞれに動物をあてて表現する干支(十干・十二支)をテーマとした「染錦猪図(陶額)」です。平成31年(2019年)は干支の「己亥」、十二支では猪の年にあたります。
古来より猪は、田の神・作物の神とされ神聖な動物として崇められ、その肉は万病を防ぐ「無病息災」の薬効があるとして重用されました。
猪といえば「猪突猛進」という熟語があるように、一直線に突き進む意志の強さを表すシンボルとされてきました。また、雌の多産さは「豊穣」を表し、生まれた子どもの世話をよくする家族愛の強さで知られています。
この亥年を記念して、大地を踏みしめ全力で駆け出そうとする猪を、源右衛門窯ならではの躍動感あふれる筆致で描いた縁起の陶額です。新しき年を寿ぎ、ご家族のご健勝と繁栄を力強く見守ってくれることでしょう。スタンド式で置き場所を選ばず、自家用はもちろん年賀の贈り物としても最適です。

染錦猪図 陶額
そめにしき いのししず とうがく
21.0 × 17.5(縦 × 横cm)・27,000円(税込)

このページの先頭へ