今月のプレゼント

源右衛門窯「染錦初凧文 三角小皿」 2名様に当たります

2019年12月(第266回)は、抽選で2名様に源右衛門窯「染錦初凧文 三角小皿」をプレゼントいたします。

源右衛門窯 染錦初凧文 三角小皿(皿立付)

磁器発祥の地・有田で、往古のままの手技と古伊万里のこころを受け継ぐ、源右衛門窯の「染錦初凧文 三角小皿(皿立付)」です。
凧の起源は中国とされ、日本には平安時代に伝来。紙鳶(しえん)と呼ばれ貴族の遊びでした。鳶は鳥のトビのことで、紙でできたトビを意味しています。江戸時代になると、男児の誕生祝いとして凧揚げをするようになり、庶民の遊びとして定着しました。凧が高く揚がるほど願い事が神様に届き、子供が元気に育つといわれていました。現在でも、凧揚げは日本のお正月の風物詩として全国各地で楽しまれています。
寒風の大空に威勢よく舞う奴凧を、源右衛門窯ならではの色鮮やかな染錦で描いた、ユーモラスな表情の三角小皿です。専用の皿立は安定感抜群。お客様をお迎えする玄関や床の間で、新しい年の訪れを華やかに祝ってくれることでしょう。
(製造:源右衛門窯)

プレゼントに応募する

ご応募締め切り 12月25日(水)

抽選の結果は後日、抽選結果ページにて発表されます。

※賞品内容は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

プレゼント内容

染錦初凧文 三角小皿(皿立付)
染錦初凧文 三角小皿(皿立付)
そめにしきはつだこもん さんかくこざら
  • サイズ:12.0(径cm)
(製造 : 源右衛門窯)

このページの先頭へ